イミダペプチドドリンク 日本予防医薬

MENU

科学的に「疲労」を把握する企業へ

あなたは、「疲労」と一種の漠然とした現象のように思われているかもしれません。

 

しかし、「疲労」とは、実際にあなたの体の中で紛れもなく起こっている反応です。

 

その疲労は、科学的・医学的に分析できる現象になりました。

 

日本予防医薬のグループである総合医科学研究所は、生理的な物質量の変化を計るバイオマーカー技術で疲労を数値的な動きとして定量化することに成功しました。

 

この裏付けがあるからこそ、イミダペプチドドリンクを安心して提供できています。

 

「疲労」とは体についている一種の「サビ」

 

そのサビを落とす!

 

筋肉や脳が酸素を消費する際、活性酸素が発生し細胞を傷つけ、エネルギーが作り出せない状況になります。

 

いわば細胞がさびたような状態になり機能が低下します。

 

こんな時に脳にサインが送られ、「疲れたな」「だるいな」という自覚をします。

 

つまり、これが「疲労」です。

 

解決には、まず、自律神経のバランスを調節する事です。

 

次に、悪玉の活性酸素を抑えること。

 

この2つです。

イミダペプチド成分だけに留まらない、新しい成分を求めて

常に未来を見つめています

 

イミダペプチドは、今やTV・雑誌にも取り上げられる機会が増え、認知度も向上し1,300万本の大ヒット商品になりました。

 

でも、日本予防医薬は、「イミダペプチド」にとどまらず、新しい成分を探しています。

 

そのため開発スタッフは、日々実験に励み、疲労の研究を続けています。

 

イミダペプチド以上の有効成分が見つかる日がやってくるかもしれません。

 

総医研グループは日々効果的な成分を見つける実験を行っている

 

「総医研」グループの1つである「株式会社総合医科学研究所では、独自の疲労度の計測・分析技術をフル活用し、今日も「抗疲労」に有効な成分や物質を求め、多くのスタッフが研究に取り組んでいます。

 

その研究の一例とは!?

 

エアロバイクに乗って実際に漕いで疲労を測定します。
得られたデータをもとに、疲労の把握と抗疲労を求めていきます。

 

イミダペプチド成分の効果も、この実験過程で発見されました。

 

イミダペプチド成分は、実験後の疲労回復だけでなく、実験中に疲労感を感じにくくする効果も認められました。

安全に商品を届ける徹底した品質管理体制

安心・安全に飲めるよう、全ての商品について、医薬品製造の基準で生産されています。

 

作業員は、静電気の発生しない無塵衣の着用に加え、直接商品を扱う作業室への入室には、再度更衣を行っています。

 

また、製造ラインの各所で、機械による自動検査はもちろん、容器、充填状態、異物混入の有無、梱包状態などについて、熟練の作業員が目視によって検査を繰り返しており、規格通りの確かな商品作りに務めています。

 

ボトル洗浄にまで、清涼な地下水を利用

 

例えば、ドリンク剤の製造では、配合やボトル洗浄など生産で使用する全ての水に、工場のある奈良県葛城山系の地下60mから汲み上げた良質な地下水を利用しています。

 

それをさらに高度処理によって、水質測定の目安となる電気伝導度を0.1uS/cm以下にまで高めました。

 

これにより目に見えない不純物の混入も防止しています。

 

こだわりは水だけでなく、空気にもあります。

 

工場内は、エアシャワーにより粉塵の侵入を防ぐとともに、花粉症の肩でも症状が出ないほど完全に密閉されたクリーンルームを実現、チリひとつない状態を保っています。

 

イミダペプチドドリンク 口コミ