MENU

「隠れ疲労」に陥りやすい5つのタイプとは!?

疲れているんい気づかない、疲労に無頓着のあなた!

 

無自覚だけど、確実に疲れている人がいます。

 

「バテ子さん」は好奇心過剰タイプ

 

あれもこれも手を付けないと気が済まない好奇心過剰タイプです。

 

●新製品や人気商品にすぐ飛びつく
●手帳の余白はとにかく埋めたい
●深夜のつぶやき、ブログ更新は当たり前
●友達の誘いは極力断らない

 

好奇心や探究心が旺盛で、新しいモノ好きな人、ミーハーな人はこのご時世増えてきました。
性格気質傾向の調査から言えば、新奇性を追求したがる人も疲れやすいと言えます。

 

たくさんのことに興味があって、それを全部やらないと気がすまない。
でも手をつけすぎて収拾がつかないので、思っている以上に疲労度が大きいんです。

 

「バリ子さん」完璧主義タイプ

 

まじめで完璧主義、人にまかせておけない非ラテン系

 

●「ま、いっか」では気がすまない
●今日できることのほかに、明日でもいいことも今日やる
●几帳面で頑張り屋
●仕事の達成感がある意味快感

 

基本はいい子いい人で、生真面目で必要以上に頑張っちゃうタイプです。
疲労がたまって日常生活に支障を来す「慢性疲労症候群」の人に多いのがこのタイプです。

 

まじめで一生懸命物事を考える、完璧主義者に多く、「このくらいにしておこう」と手を抜くことができないです。

 

息抜きが下手な人、仕事中毒の人は要注意です。

 

「タメ子さん」コミュニケーションタイプ

 

コミュニケーションがそもそも苦手、ひとりが気楽

 

●人間関係のストレスが多い
●どうせ私なんて・・・とネガティブ思考
●人を怒らせたら、嫌われたら、と不安
●他人に対してイライラや怒りが大きい

 

気にするな、と言われると余計に気になってしまい、ドツボにハマる女子、いますよね。
他人から見れば些細なことでも、くよくよと悩んでしまうタイプです。

 

特に対人関係に弱く、人間関係が最大のストレスになっている人です。

 

このストレスを上手く解消できないと、疲労感はどんどん積もっていきます。

 

「ダル子さん」めちゃくちゃタイプ

 

生活リズムがめちゃくちゃでも、今が楽しければ良い!

 

●夜更かし・徹夜も気にしない
●スマホのゲームにハマりまくり
●遊びに仕事に、眠る時間がもったいない!
●朝食抜き、1日1食もざらにある

 

美容や健康に対する意識が低く、その場のノリで生きている自由人タイプ。

 

美意識の高い人には少ない傾向です。

 

性格や気質というよりは、生活習慣の乱れや無頓着な部分が自律神経機能を低下させているタイプです。

 

生活リズムが乱れ、睡眠をおろそかにしていれば、後で必ず大きなツケが回ってきます。

 

「ヨワ子さん」すぐ弱音を吐くタイプ

 

虚弱?過剰反応?体は正直、すぐ弱音を吐く

 

●いつも「疲れた」と口にしてしまう
●実際の所、体の不調も多い
●風邪をひきやすく、しかも治りにくい
●ストレス発散が苦手で何をしたらいいかわからない

 

慢性的にプチ不調を抱えている人、疲れに敏感な人はギャクに注意が必要です。

 

自分の感覚に素直な方がもちろんいいのですが、言葉に出すことで余計に強く疲労を認知してしまうデメリットもあります。

 

そんなに疲れていなくても口に出すと、さらに疲労を増大させてしまいます。
自分を自分で苦しめている可能性もあります。

隠れ疲労はやがて必ずさまざまな病気を招きます

 

上記のような人が疲労を回復できないまま放置するとどうなるでしょうか?

 

疲労や倦怠感が強く、日常生活に支障を来す慢性疲労症候群や自律神経失調、うつ、睡眠障害などになる可能性があります。

 

判断は難しいですが、過労死の潜在数もかなり多いので、日本は早急に意識改革が必要です。

 

免疫力にも悪影響。低下させたり、強すぎたり・・・

 

風邪を引きやすいのも疲労がもとになっていますか?

 

疲労によって免疫系の細胞が錆びつけば、免疫力が低下して感染症にもかかりやすくなります。

 

逆に、疲労感が長引きすぎると免疫細胞が過剰反応して、正常な細胞や組織を傷つける「自己免疫疾患」を起こす可能性もあります。

 

体のいろいろなシステムがバランスを崩すのが疲労です。

 

疲れた時は「疲労外来」や「総合診療科」へ

 

実際、疲労が取れなくても病院で受診するとしたらどこがいいですか?

 

疲労やストレスなど、心身医学的なことができる心身医学診療科がベストですが、現状はかなり少ないです。
全国どこでもある、というわけではありません。

 

疲労外来、あるいは総合診療科や精神神経科などで相談しましょう。

 

イミダペプチドドリンク