イミダペプチド 効果

MENU

もともとある体内成分と

効果が認められる成分でも「経口摂取」つまり、人間が口から取り入れても効果を発揮しないものがあるそうです。

 

イミダペプチドがすごいところは、消化吸収の過程で2種類のアミノ酸に分解され、体内で再合成されることができるというところです。
もともと筋肉や脳などの活動量の多いところにはイミダペプチドを合成する酵素が豊富にあるそうで、摂取した成分を有効利用しやすいのだとか。
そのためにその他の成分よりも効果を発揮しやすいといいます。

 

イミダペプチドには疲労予防効果だけでなく、疲労回復をする力を高める効果もあるのでまさしく最強の「疲れに効く成分」といえるでしょう。

 

もともと体内にあって、必要な構成成分さえあればいつでも合成される準備がされている成分だからこその働きと言えると思います。
渡り鳥や魚類でも翼の付け根の部分・尾びれの付け根など「一番使われる部分」に多い成分なのが納得できます。

 

もうひとつ、この成分がいいなと思うのはもともと人間の体内にもある物質ということは身体にとっても受け入れやすいということです。
昔なら鶏肉やマグロ・サバなどの回遊魚を食べることによって自然に吸収されていたものなのでしょう。
だから副作用があるとかいう心配がないところがいいと思います。

 

個人的にいいなと思う点はこの製品は産官学連携プロジェクトによって開発されたというところです。

 

大げさな話になりますが、これからの日本の主要産業がどんどん出てくるようにもっとこういうプロジェクトが実ればいいのになと思います。

 

イミダペプチドドリンク