イミダペプチド 効果

MENU

疲れを迎え撃つ「イミダペプチド」

イミダペプチドには驚きの疲労回復効果があるといいます。
毎年季節ごとに驚くような長い距離を移動する渡り鳥が飛び続けることができる秘密なのだそうです。

 

若い頃にはなんともなかったことも、年齢を重ねるにつれてなんだか翌日にまで影響が出てくるというのはよく聞く話ですよね。
そういうときにすぐに思いつくのはビタミン剤などで栄養補給とかドリンク剤を飲んだりすることです。
私も仕事がとても忙しい時期で、風邪気味だけど休めないというときによくお世話になりました。
ちょっと熱っぽくて食欲がなくてもとにかくこれを飲んだら一日乗り切れるというありがたい物だと思います。

 

市販の「お父さん達御用達」のようなドリンク剤は緊急対策としていいものですが、やっぱり普段から何かできることがあればいいと思うのです。
最近注目のイミダペプチドは人でも動物でも、もとから体内にある物質ということで食事で補給することが可能です。

 

多く含まれている食材は鶏の胸肉やイワシ・サバ・マグロ・秋刀魚・タラ・アジ・ブリ・鮭といった回遊魚の尾の肉に多く含まれています。
美味しそうな食材ばかりですから、食事から摂るのも料理する手間さえいとわなければ簡単そうですね。

 

ちなみに1日に鶏の胸肉を100g1週間とり続けると疲労回復に効果があるそうです。
柑橘類に含まれるクエン酸も疲労回復に効果があることは有名ですから、組み合わせるといっそう効果があると思います。

 

簡単に塩・コショウして焼いた鶏の胸肉にレモンやライムを絞ったりするのも美味しそうですね。

 

自炊が難しいという場合は、サプリメントなんかの利用を考えてもいいでしょう。

疲れた時に試してみるなら

イミダペプチドにはドリンクタイプのものからカプセルタイプまでいろいろな商品があります。
ドリンクタイプは味も飲みやすい梅果汁風味やパイナップル風味があったりして面白いものです。

 

もちろんジュースなどと違って「美味しいから飲む」ものではなく、身体のために飲むものです。
でも毎日続けるものですから、同じ飲むなら美味しいほうがいいですよね。

 

試してみるにしても、ドリンクからカプセルまであるのですから自分に使い易いタイプのものを選ぶのが簡単だと思います。

 

イミダペプチドはもともと産学連携で生まれたものです。
産学連携とは新技術の開発や新事業のために大学などと民間企業が連携することです。
これに政府・地方公共団体が加わると産学官連携や産官学連携ともいいます。

 

自分にはまったく関係のない世界のような気もしますが、そうやってたくさんの人の努力によって開発された商品を使うのは気分がいいものです。
なんとなくただ買うだけ・使うだけで恩恵を受けているだけなのに自分も「プロジェクト」に参加しているような気分になるからでしょうか。

 

イミダペプチド商品には、もちろん成分単体のものもありますが、その他の栄養素を組み合わせた商品もあります。
サプリメントにしてもドリンクにしてもせっかく利用するなら「総合的に」働いてくれるものならより便利でしょう。
安いものではありませんから、試してみるなら自分の生活リズムや習慣にぴったり合いそうなものをいろいろ検討することが長く続けるコツだと思うのです。

 

イミダペプチドドリンク