イミダペプチド 効果

MENU

そもそも疲れたとは何?

疲れの症状は人によって様々です。

 

「頭が重たい」
「頭がずっと痛む」
「記憶力や集中力に欠けてしまうことが多い」
「喉やリンパ節が腫れる」
「身体がだるい」
「熱っぽい気がする」
「汗が多く出る」
「立ち上がるときにふらついてしまう」
「太陽がまぶしく感じる」

 

など、あなたも当てはまるものがありますか?

 

厚生労働省が15歳?60歳の男女4,000人を調査したところ、72%もの人が日常的な疲労を訴えました。
まさしく日本は疲労大国と言えるでしょう。

 

そんな現代社会の状況を反映してか、コンビニでも疲労回復を謳ったドリンクがたくさん売られています。

 

しかし、専門的な検知から考察すると、根本的な疲労回復はもちろん、肉体的披露時の栄養補給という効果も医学的には疑わしいと言われています。

 

実際、ヒトに対する根本的な抗疲労効果を科学的に実証した論文はほとんどありません。

 

しかし、

 

「栄養ドリンクを飲んだら元気になる気がする」

 

という方もかなりいます。

 

これは、ドリンクに含まれるカフェインと微量のアルコールが一時的に疲労を隠す効果があるためです。

 

そんな中、本当に「疲労対策に効果がある」医薬品や食品を開発するべく、大阪市と大阪市立大学など5大学、18社を加えた産学官連携抗疲労食薬開発プロジェクトがスタートしました。

 

このプロジェクトによって、疲労のメカニズムを解明し、科学する試みが徐々に成果をあげつつあります。

どうして疲れるの?

最近、うなぎやニンニクなど滋養強壮のあるものを食べても疲れが取れないと感じることはありませんか?

 

実は最近の日本人は食生活が充実し、何か特定の栄養素が不足することによる疲労は減少しています。

 

現代人の疲労には肉体疲労と精神疲労があり、この2つの疲労が複合的に合わさっています。

 

疲労の原因は肉体疲労も精神疲労も「活性酸素」の発生にあります。

 

デスクワークで脳の神経細胞を使ったときも、運動して筋細胞を酷使したときも大量の酸素を消費します。

 

その際に同時に発生した活性酸素が筋細胞や脳細胞を傷つけて機能低下を引き起こします。

 

そのサラームを脳の中枢に伝えている状態が疲労です。

 

疲労は発熱や痛みと同じく3大生体アラームと言われ、細胞から脳へ発信する危険信号のひとつであり、そのアラームを放おっておくと免疫力が低下して病気にかかりやすくなったりするので要注意です。

 

また脳の疲労中枢は、その裏側に自律神経を司る器官があり、脳内の各器官は互いに影響を及ぼしあっています。

 

疲労中枢に異常があれば自律神経もみだれ、逆に疲労中枢が健康になれば、自律神経も自然と整い、ストレスや睡眠障害を抑制してくれます。

 

イミダペプチドドリンク 口コミ