MENU

新しい知識「イミダペプチド」

イミダペプチド、聞いたことがあるような気がする単語ですがはっきりと何かは認識していませんでした。

 

イミダペプチドとは渡り鳥が季節ごとに長い距離を移動する力の源になっている物質だそうです。
もちろん、鳥達だけではなくて様々な動物の体内にある物質で、最も使われる身体の部分にあるものです。
酷使される部分が疲弊してしまわないように助けてくれる成分なのです。

 

鳥類の場合は、翼を使うために胸肉に・マグロやかつおといった魚類は尾びれの部分に豊富に含まれています。
人間は、といえば骨格筋や脳に含まれていることがわかっています。

 

すでに体内にある物質、ということは私たちが生きていくうえで必要なものであるということがわかります。
残念ながら、これも加齢とともに減少してしまうために「食事などにより外から補給すること」が必要になります。

 

ありがたいことに、こういう新しい知識が出てくると必ずそれを私のような一般人でも利用できるようなサプリメントなんかが開発されます。
昔なら特別にお金持ちとか王侯貴族といったような特権階級しか手に入れられなかったかもしれません。

 

「こうなったらいいな」とか「こうなりたい」とかいうような希望や目標は人それぞれです。
お金持ちになりたいとか、とにかく「美しく」なりたいとかいろんなことがありますが、基本はやっぱり「健康」ということになるのではないでしょうか。

 

希望すれば誰でもがいいものを手に入れて使うことのできる現代は本当にいい時代だなと思ったりするのです。

 

 

イミダペプチドの歴史

○1991年
厚生労働省で慢性疲労症候群の研究が始まる

 

○1999年
文部科学省が「疲労と疲労感に関する研究」をスタート

 

○2003年
大阪市の呼びかけで、産学官連携の抗疲労研究プロジェクトが始動。
3年間で15億円の予算を投入

 

○2004年
疲労克服のため研究・拠点作り「21世紀COEプロジェクト」をスタート

 

○2009年3月
イミダペプチドドリンク 発売

 

○2009年11月
NHK「ためしてガッテン」で紹介されました

 

○2011年3月
イミダペプチドソフトカプセル 発売

 

○2012年4月
NHK「あさイチ」で紹介されました

 

○2012年7月
イミダペプチドプレミアム 発売

 

○2012年8月
朝日放送「たけしのみんなの家庭の医学」で紹介されました

 

○2013年9月
TBS「夢の扉+」で紹介されました

 

○2013年10月
イミダペプチド うめ風味ドリンク 発売

 

○2013年10月
日本テレビ「世界一受けたい授業」で紹介されました

 

○2014年3月
日本テレビ「所さんの目がテン!」で紹介されました

 

○2014年5月
イミダペプチドドリンク 累計発売実績500万本突破

 

○2015年5月
イミダペプチドQ10 発売

 

○2015年6月
イミダペプチドドリンクが、疲労軽減に役立つ機能性表示食品であると消費者庁に受理されました

 

○2016年3月
イミダペプチドドリンク 累計発売実績1,300万本突破

 

イミダペプチドドリンク